過去の雑感シリーズ

2021年

各月をクリックすると開閉します。

表面工学の歴史的背景と今後の展開
材料・表面工学研究所
特別栄誉教授・顧問 本間 英夫


めっき産業近代化のルーツ


 昭和21年、関東学院大学の前身である工業専門学校に、学生の技術習得と、学生に働き場所を与えることを目的として、実習工場がスタートした。昭和23年には、工場内に関東学院技術試験所が併設され、昭和26年に私立学校法の改正にともない、教育事業のほかに学校経営を支える収益事業ができるようになり、独立採算性の事業部が立ち上がった。
昭和28年には通産省からの助成金の交付を受け、関東自動車、トヨタ自動車向けのめっき加工の生産に入った。その後は、トヨタ自動車工業と技術交流が開始され、大学発の研究開発として多大の評価を受けるようになった。その技術は中村実先生(JAMFの設立者でハイテクノの初代社長)が、大学に赴任される以前から横浜市職員として光沢青化銅めっきの技術を開発され大学の事業部の指導をされていた。その後、昭和31年に機械科の講師として赴任され事業部のめっき工場の品質は大いに高まり、トヨタ自動車のバンパーのめっきは産業界から高い評価を受けていた。また先生は、経験と勘に頼っていた作業を、最新の技術を導入して綿密に分析管理を行うことにより、良品率を飛躍的に増加させた。したがって当時から分析管理や評価のための実験室が整備されており、機械科の助教授を経て昭和35年に教授となり工業化学科の設立に尽力された。事業部の部長と工業化学科の教授を兼務され技術スタッフとの総力で昭和37年に世界に先駆けて、プラスチックス上のめっき技術に成功し、表面処理業界にとっては一大革命をもたらした。現ハイテクノ顧問の斉藤先生は、当時の事業部に籍をおき、横浜国立大学の大学院でプラめっきのキーテクノロジーである無電解銅めっきの基礎研究に着手された。今、盛んとなってきている社会人国内留学の走りである。
そのときに提唱された『混成電位論』は、まさに無電解めっきの析出を理論的に明快に解析したもので、この研究成果に対して、当時関連学会から理論の提唱に関して論文賞を受賞している。また光沢青化銅めっきでは技術賞が受賞され、表面処理分野では大きな評価を上げるようになり国内はもとより、アメリカでも大きな反響があり、マスコミでも大きく報道された。
私は昭和39年に二期生として卒研に配属されたが、当時はプラめっきがスタートしたばかりでトラブルが続き、配属された卒研生のうち3名は大学で研究をし、多くは杉田の神奈川県工業試験所で研究を行うことになった。
私自身は工業試験所で卒研を行った後、大学に戻り専攻科・大学院へと進んだ。その間、先生は多忙を極め、ほとんど卒研生と私の間で研究が進められた。このように中村実先生は工業化学科の設立に尽力され、また大学事業部部長を兼務され世界に先駆けてプラスチックのめっきの実用化に成功しさらにはプリント基板製造にも大学の事業部でとし着手するようになる。そのころから大学のキャンパスでは手狭なので北久里浜に4800坪の工場用地を購入し移転も始まった。このような背景からめっき業界のトップの支援の下に本学に工業化学科に続いて、めっきの関連学科を作る構想が進んでおりこの種の構想が着々と進められ、当時の理事長坂田佑先生が了解済みで、白山源三郎学長と中村先生との間で、めっき学科を中心とした第2工業化学館の設立の確約書まで出来ていたのである。このことに関しては、現在の本学のトップは誰も知らない。
(注)ほとんどだれも知らない話がもう一つ。経営学の父と言われたピータードラッカーが1960年頃2、3度キャンパスにあった白山先生宅を訪れ、キリスト教の普及状況、日本の文化を調査された。当時、本学の事業部でトヨタ自動車のバンバーのめっきを行っていた関係で、トヨタのトップからの要請でドラッカーが本社を訪ね「職業改善プログラム」を提案し、一挙に生産性と品質の向上に繋がったとのことである。
 更にはアメリカに今も現存するNAMF(National Association of Metal Finishes会員数数千社の協会)の日本支部(JAMF当初会員数50社程度)を昭和40年スタート。教育事業としてめっき上級講座を東京のお茶の水でスタートされた。当時は最新鋭の視聴覚教育の設備を導入し毎年50名以上の受講者が熱心に受講した。私は第一回めっき上級講座が始まった年は大学院の学生で、講義内容の概要をまとめて会員企業にお送りする、いわゆる書記役を担当、したがって表面処理に関連するトップの先生方の講義を受講できたのでその後の研究開発に非常に役立った。私が助手に任命された昭和42,3年ころから学園紛争が激化し本学ではキャンパス内にめっき工場を持っていたので学生は「産学協同路線反対」とキャンパスをロックアウト、国道16号線にバリケードを張るに至った。ほとんどの先生は毅然とした態度が取れず、紛争は過激さを増し、学生との話し合いでは解決の糸口は全く見いだせなかった。中村先生は機動隊導入を勇断して教授会でアピールし、紛争は解決した。
 しかし残念ながら、それを機に昭和45年くらいだったと思うが、先生は大学を去ることになる。先生が47歳の時であり、私はまだ助手で28歳の頃であった。その後、先生は大学院教授として籍を残され、先生の指導の下、研究室を運営することになる。
私が助教授から教授になった頃から、工業化学科の中に実装や表面処理を中心としたコース、または研究所を作ってはとの要請を、産業界からたびたび受けてきた。大学の研究所ではこれまで、プラめっきに始まり、環境問題にいち早く着手し、続いてコンピューターを用いた化学制御を研究、さらにはプリント基板の一連の化学プロセスから実装領域に展開し、今では半導体の成膜プロセスまで研究するようになってきている。また当時から大学でハイテクノの講座を行えば大学の修了証書が出るので重みが出ると提案する人もいた。
 これまで関東学院大学の伝統と他の大学に無い特徴を守り、さらに発展させねばと、必死になって産業界からの協同研究、委託研究や公的研究機関他大学との連繋を実施してきた。産業界から,学会から、他大学から、公的機関から注目してくれていたので現在は研究所が立ち上がっているがハイテクノの教育事業を大学が継承するのがいいとの判断になってきた。
 歳を取ると私を含めて、どうしても現状維持で、余り急激な変化を好まないのであるが、それにしても今回は絶好のチャンスである。
 実はその後NAMFは教育にそれほど熱心でなかったので日本支部のJAMFはNAMFから脱退、現在のハイテクノとして教育事業が継承されてきた。この講座は現在のハイテクノの教育事業でありすでに今年で53回生を送り出すことになり、表面処理業界では認知度高く経営者トップ、技術者の幹部候補生が受講。これまでの受講修了者2100名程度である。

実現に向けての具体的な行動

 先に述べたように、中村先生が50数年前に表面処理学科を作る構想から実際に大学上層部と化学館を作る確約を取り、具体的に行動しようとしていた矢先に、学園紛争が激しさを増してきたのである。特に、当時はすでに事業部ではバンバーの金属めっきの他に、世界に先駆けてプラめっきの技術を立ち上げていたので、国内は勿論のことアメリカ、台湾、韓国から見学者が殺到していた。
プラめっき技術の延長線上として、現在はエレクトロニクス製品の全てに使われている、プリント基板の製造プロセスも確立されようとしていた。
 大学の「人になれ奉仕せよ」の校訓を着実に守り、実行し、特許は取らず、全国から訪ねてこられた技術の方々に、詳細にわたってお教えした。
 また、その事業部はキャンパスの中に500名を越える従業員を抱えていた。製造や技術に携わっている若い人たちの多くは、昼働き、夜は工業化学科、機械工学科、電気科などで学んでいた。産学協同の最も理想的なシステムが本学にあったのである。
 しかし、何度も繰り返しになるが、この理想的な大学の運営方式は、当時の世界的に吹き荒れた学園紛争、学問とはなんだ!に始まり、特に本学では日本唯一の工場を持つ大学であったので、産学協同路線反対の狼煙が巻き起り、実現寸前のめっき学科の設立構想を断念せざるを得なかったのである。
 先生の心中はいかばかりか。先生が自信を持って、この構想を実行に移すところまで来た背景には、昭和30年後半から40年代の工業界の成長期と呼応していた。
 先生は、アメリカの表面処理工業会のブランチを日本に作られ、会員企業は全て、主だった表面処理企業から構成されていた。定かではないが100社くらい会員企業になっていたと思う。その方々から、表面処理の学科を作って欲しいとの要請が強く、またその際は全面的にサポートするとの確約を頂いていたのである。しかしながら、「本間おまえは大学に残れ、俺は中小企業の育成にほかの方法で取り組む」と、大学を去られたのである。その後たまには大学に足を運んで、後輩に檄を飛ばしてください、実際の実験の様子を見て、コメントくださいと何度も要請したが大学を去ってからは、一度としてキャンパスを訪れなかった。ものすごい思い入れがあり、社会情勢の中で自分の思いが実現できなかったことが悔しかったのであろう。
 今こそ規模は小さいが、その何分の一でもいいから、実現しなければならない。
 繰り返すがその時期は今しかない。 本学でめっき関係の学部のコースの立ち上げとハイテクノの事業を継承する時が来た。今までの伝統から、是非実現しなければならない。ただのオフィスのフロアーがあるだけでは意味が無く、大学のキャンパス内にはめっきを中心とした表面工学コースを設け、毎年学生を受け入れるような体制の構築を要請している。表面処理の業界は日本に3000社(現在は1500社)近くある。ハイテクノの上級講座を本学で継承することによりさらに講座が充実するであろう。

人生と相対性理論
材料・表面工学研究所
副所長 渡邊 充広


 2月中旬、出勤途中いつものようにラジオを流していると、面白そうな本が紹介された。書籍は、百田尚樹の「新・相対性理論」、物理学の専門書のように思えるが、解説者曰く、時間の本質を知れば、人生が一変する...という。なんともキャッチーなフレーズに迷わずジャングルのような名前が付いた有名サイトで即購入した。
 自身、昨秋に還暦を迎え、これからの人生について考えるようになった矢先にこの本に出合ったわけです。内容はこれから読まれる方もいるかもしれませんので伏せておきます。自身の書評としては、読者レビューにも似たような内容がありましたが、なんとなく日常を過ごしている人にとっては、時間の大切さ、時間の使い方について考え直すきっかけになる一冊になるかなっと思います。人生は墓場までの片道切符、残された乗車時間は有意義に使いたいなぁ~と思うようになるかと、そういったところが感想です。
 相対性理論はアインシュタインが唱えた理論であることは誰もが知るところです。小学生のころからの趣味の一つに天体観察があり、この理論に興味を持ったのは中学~高校生の頃。愛読書であった月刊天文ガイドに重力レンズやら時空の湾曲、赤方偏移などなどアカデミックに解説された記事を分かったような気分で読んでいるうちに、相対性理論、特殊相対性理論とは何ぞやと思い、学校や市の図書館で幾冊かの本を読み漁った。絵本的に簡単に説明した書物からアカデミックな書物まで数冊読んだのを覚えているが、わかったような気がしているだけで結局は理解できていなかったというのが正直なところ。大学入試の際の面接試験で、物理化学の杉田先生から、あなたはどのような本を読まれましたか?と質問され、とっさに相対性理論と特殊相対性理論を読みましたと答え、理解出来ましたかという問いに、理解できませんでしたが面白かったです、と答えたのを43年も過ぎた今もはっきり覚えている。実は、面接試験には諸事情から大幅に遅刻しており、また容姿も面接には不適な学ランで参上してしまったこともあり、質疑応答のやりとりも含め、当然,試験には落ちたなっと思い新たな道への切り返しを考えていた矢先、合格通知が届いた。結果的に、その通知によって今につながる線路が敷かれたような気がしています。その線路も漸く終着駅に近づいてきたような、まだ続いているような…。
 人生は時間軸であり、早く全うしたいと本気で思う人は少ないと思います。大抵の人は健康で少しでも長生きをしたいと思っているのではと。人生は時間軸上にあるわけだが、「相対性理論」をこじつけ、“充実した長い人生を送る方法を探ろう”だったかのような広告記事を電車内の週刊誌の宣伝で見たことがある。理論に基づき人生を送るのはつまらないと思ったことを覚えている。自身、そこまで理系人ではない。そもそも相対性理論って何?と改めて考えると、自身もきちんと解説できない(過去に読んだ本の知識はふっ飛んでます)。そこでWeb上で紹介されている内容を要約すると、①光よりも速いものは存在しない、②光の速さは常に一定、③速く動く物体は縮んで見える、④重い物の近くでは時間が遅く進む…中でも有名なのが「高速で動く物体では時間がゆっくりと流れる」というもの。①②は学校で学んだことから素直に受け止め、③もなんとなくイメージは付き、④はなんかピンとこないというのが正直なところ。わかりやすい事例にならえば、この意味は、「時間は全ての人や物体に同じように流れるのではなく、静止している物体よりも動いている物体の方がゆっくりと流れる」ということを意味しているらしい。なんとなくわかったような気がするが、まだ釈然としない。更にかみ砕くと、「椅子に座って本を読んでいる人よりも、飛んでいる飛行機の中で映画を見ている人の方が時間はゆっくりと流れている」というように例えられたりもしている。さて、なぜこのような事象が起きるのか? その理由としては、「光の速度は一定である」というところに着地する…らしい。どういったシナリオで着地するのか自問自答しても解が定まらないのでスキップしますが、シンプルにみれば、相対性理論は「時間や長さというものは絶対的ではなく、相対的である」ということです。このような解にたどり着くアインシュタインはやはり凄い!? 余談ですが、十数年前くらいに、趣味的な発想から、オーロラと極地に設置した多重コイルで電磁誘導起電ができないかを考えていた頃、アインシュタインが夢に出てきたことがあります。共同検討中に、アインシュタインが倒れ、博士は私に“後は頼む…”といってグッタリした夢でした。忘れられない夢の一つです。残念ながら期待に全く沿えていないのが実情です。ただ、その話を取引先であった(株)IHIの方に冗談半分で話をしたら、会社でプレゼンをしてほしいということになり、お馬鹿な講演をするに至りました。大半の聴講者は呆れていたと思いますが、質問も多くなぜか盛り上がり、自身も高揚感に満ちていたことを覚えています。余談でしたので、前記の話に戻すと、動く物体の時間がゆっくりと流れるからといって、飛行機ばかりに乗っている人の方が長生きするのか?というと決してそうではないと思います。すなわち、ここでの時間差は認識できないほどの時間で、ゆっくり流れていることを体感するまでには至らないと思います。思うに、生きていく上では無視していいのではと。では、なぜ人生と相対性理論のマッチングなのか…。ここで自身が老いてきたことと重ねて考えてみました。年配者誰もが口にする「歳を取ると時間が早く感じる、一年があっという間に過ぎる、子供のころは一年が長かったよな~」などなど。どこか相対性理論に当てはまりそうな感じがします。事実、年を追うごとに時間が過ぎるのがどんどん速くなってきたと感じる。この時期、ついこの前、確定申告したばかりなのにもうその時期かよ~なんて愚痴もでる。歳を重ねるごとに時間軸もどんどん短くなっていくように感じている人がほとんどだと思う。では何故そう感じるのか…若いころのように”動いていないから”なのではと唱える人も。言い換えれば、動けていない、動けないからなんでしょうね。このことを研究している先生に、James Cook Universityの心理学と時間の研究をしている、イファ・マクローリン博士という方がいます。氏曰く、歳を取り時間が流れるのを速く感じる理由としては「同じことを繰り返す毎日」、そして“感動”が減るからという事らしい。確かにそうかもしれない。そうとなると改善策はどうすればいいか…、“同じことを繰り返さない”“感動すればいい”ということになるのではと。すなわち、新たなことに挑戦したり、見たことのない景色を見たり、異国の文化に触れたり、音楽やスポーツを始めてみたり、心に新鮮さを与えてやることで時間はゆっくり流れるようになるのではとの考えに着地です。ここでもう一つ余談を。私は入浴中にみかんを食べる習慣があります。入浴時は妻には内緒ですが、かけ流し状態でないと気が済まず、水道をチョロ流ししてみかんを湯に浮かべて入浴です。勿論、みかんはいただきます。チョロ流し量は波紋が目立たない程度の相応の量です。水の落下点にはわずかに凹みが認められます。このような状態のとき、凪状態の湯面に浮かべたみかんは外側には移動せず、水の落点に向かって緩やかに移動していき、やがて、落点の近郊で円を描くように周回しはじめ、最終的に流れ落ちる水の落点とみかんの重心が重なり安定します。複数個浮かべた場合は最初に到着したみかんより大きい(重い)みかんが接触すると入れ替わります。何度やっても再現します。この現象を見たとき閃きました。この現象を空間に置き換えれば、重力レンズや空間の湾曲、惑星の軌道の成り立ちや、そして最後はどうなるかが紐解かれたような感覚になりました。間違っているかもしれませんが、なんかわかったような自己満足的な感動でした。ちなみにこの現象は浴槽から湯があふれ出す前に起きます。あふれ出すと流れに沿ってみかんは移動しますので再現はできません。というわけで、これからも気軽にいろんなことを思考したり、始めたり、そして感動をしていきたいと思います。常に新しいことに触れ、心を“動”の状態にしてやることで「相対性理論」で説かれる相対的な時間のながれを感じられるようになる? すなわち、ゆっくりと流れるんだ!?というこじつけ的な内容で今回はまとめさせて頂きます。たわいもない長文を拝読いただき有難うございました。“ですます調”と“である調”を混在させましたがご容赦ください。
今、辛いなっと思う皆さん、新しいことを一つ始める,見つけると幸せになるかもしれませんよ…(^^;